CORPORATE PHILOSOPHY

企 業 理 念

ひとが ひととして あるがままに

仕事は何のために?

 

仕事はひとを支えるために生まれた。

人はひとりでは生きていけない生き物。

自分は自分の得意なことに専念して、周りのひとを支える。

周りのひとが自分の代わりに、自分が不得意なところを支えてくれる。

 

 

仕事の価値をお金という形に変えて、価値の交換をしやすくした。 

そうやって人は仕事のつながりによって社会をつくっていった。

 

支えるひとがいるから仕事がある。

ひとのために仕事がある。

 

ところが、

世界にはひとが増え、欲も増えた。

仕事本来の意味が忘れ去られ、

仕事の目的は、お金を稼ぐことになっていった。

 

もう、近くの地域には必要のない量まで仕事をして、

余った仕事は遠くの地域に売ることにした。

遠くの地域に売るために、たくさんの仕事が生まれた。

仕事は、目の前のひとを支えるものではなくなっていった。

 

ひとを支え、ひとを幸せにするための仕事が、

ひとを不幸にするようになっていった。

 

ひとが上手に働けないからと、ひとの代わりに働くAIが生まれる。

AIに満ちた世界は、愛が溢れているのか?それとも哀が溢れているのか?

 

仕事は進化の過程をたどる。

自然界をみると、進化は誰の意図でもない。

ただ、変化に適合したものが生き残っていくだけ。

そこに善い、悪いはない。

ただ、崩れてしまったひとと仕事に、調和を取る動きがあってもいい。

 

昔のひとは、

この世界を 天地 と書いて あめつち と読んだ。

私たちは、あめつちの守り人

名前を あまひと と言います。

仕事をひとに合わせるという不自然な形ではなく、

ひと本来の力を高め、ひとが活躍できるように、

 

ひとと組織が成長していく環境を整えていく。

そんなことを仕事としています。